論文

昨年度の卒業生の川波くんの卒論をもとにした研究が、 Journal of Sustainable Development of Energy, Water and Environment Systemsにアクセプトされました。

昨年の新型コロナウイルス感染症による1回目の緊急事態宣言に伴い、家庭のエネルギー消費がどのように変化した可能性があるかについて、シミュレーションにより明らかにしました。


Kawanami, F. and Tabata, T.: Model Analysis of the Impact of Increased Time at Home on Energy Consumption: A Japanese Case Study during the COVID-19 Lock Down, Journal of Sustainable Development of Energy, Water and Environment Systems, accepted.

タグ:

最新記事
アーカイブ
タグから検索