論文

昨年度の卒業生の松本くんの卒論をベースにして作成した論文が、学術誌にアクセプトされました。

脱炭素化が日本の石油生産量およびプラスチックや副産物(水素、炭酸ガス、硫黄)の生産量にどのような影響を与えるのかを分析し考察しました。


Matsumoto, R. and Tabata, T.: Impact and Challenges of Reducing Petroleum Consumption for Decarbonization, Applied Sciences, accepted.

最新記事
アーカイブ
タグから検索