論文

昨年度に修了した連さんの修士論文をもとに作成した論文が、Science of the Total Environmentで採択されました。

兵庫県下市町村を対象として、熱中症搬送者情報と人口・産業関係のデータを用いて、熱中症への脆弱性が高くなる条件を考察しました。


Lien, T.-C., Tabata, T.: Regional incidence risk of heat stroke in elderly individuals considering population, household structure, and local industrial sector, Science of the Total Environment

最新記事
アーカイブ
タグから検索